包丁要らず!料理キットでダイエットメニューをつくろう

花見団子。三色それぞれの意味とは

スポンサーリンク
行事食

お花見の季節。

桜もいいけどやっぱり食べ物!という人も多いことでしょう。

花より団子、ですからね^ ^

そんな花見団子ですが、三色はなにを表現しているのか知っていますか?

スポンサーリンク

花見団子の色の秘密

花見団子(三色団子)の色には諸説あります。

今回は3つの説をお伝えします。

  • 四季を表現している説
  • 春を表現している説
  • 桜を表現している説

それぞれ見ていきましょう。

四季を表現している説

  • ピンク…春のイメージ
  • 白…冬のイメージ
  • 緑…夏のイメージ

桜を代表とする春の花のピンク色、雪のような白色、葉が輝く夏の色。

団子の色で四季をあらわすとはおしゃれですね!

しかし、お気づきですか?

秋はどこへ…

秋がない=飽きないというダジャレという説が濃厚です(笑)

春を表現している説

  • ピンク…桜、花
  • 白…白酒
  • 緑…よもぎ、草

三色団子はひなまつりの菱餅と同じ配色です。

菱餅のピンクは桃の花ですが、同じように春をイメージしていますね^ ^

桜を表現している説

  • ピンク…桜のつぼみ
  • 白…桜の花
  • 緑…葉桜

桜のつぼみが花開き、そして葉が生い茂っていく様子を三色団子で表現したのだとか。

春の情景が浮かび上がります。

スポンサーリンク

まとめ

どちらの説も「なるほど!」と思いますね。

昔の人の色彩はハイセンスです。侮れません。

ぜひお花見のお供に三色団子も用意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました