包丁要らず!料理キットでダイエットメニューをつくろう

年越しそば、いつ食べる?大晦日に縁起を担ぐ

行事食

年越しに食べる蕎麦。

三十日そば、年取りそばとも言います。

年越しそばの食べるタイミングや意味を紹介します。

年越しそばを食べるタイミング

何時がいいの?時間は極まっているの?と疑問に思いますよね。

明確な決まりはありません。

大晦日すなわち12月31日ならいつでもいいです。

昼ごはんでも、夜ごはんでも、夜食でも。

ただし、年をまたぐと福が舞い込まないと言われています。

大晦日のうちに食べ終わるようにしましょう。

年越しそばを食べる理由

  • 長寿を願う
  • 厄を断ち切る
  • 相手を討つ
  • 福を呼び込む

諸説ありますが、ここではこの4つについてお話ししていきます。

長寿を願う

そばは細く長いことから長寿を連想させます。

年越し蕎麦に限らず長寿や健康を願うときにそばを食べることがあります。

厄を断ち切る

そばは切れやすいですよね。

そばを食べて厄を切り捨てようと考えたのです。

今年の厄は今年のうちに切っておきましょう!

相手を討つ

そば打ちと言うように、そばは打って作るものです。

相手を討つ、相手に勝つとの験担ぎもあります。

福を呼び込む

大晦日にそばを食べた商人たちが翌年たくさんの福を招いたそうです。

金細工師が金銀を集めるときにそば粉を使うことから金が集まるとも言われています。

まとめ

縁起物のそばは栄養価も高く、血糖値も上がりにくい。

なんともいいこと尽くめではありませんか。

年越しそばを食べて、新年をより良いものにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました