ボディメイクが叶う!高タンパク低カロリーな宅配フードとは

【ゆるベジ】世界が注目するフレキシタリアンな生活とは

スポンサーリンク
コラム

フレキシタリアン、聞いたことがありますか?

海外で話題となっており、日本でも少しずつ広がっています。

「ゆるベジタリアン」と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

肉も魚も食べるけど、野菜を積極的に摂る人です。

今回はフレキシタリアンがなぜ注目されているのか紹介します。

スポンサーリンク

フレキシタリアンとは

「フレキシブル」と「ベジタリアン」の造語です。

flexible:柔軟性があるさま

vegetarian:菜食主義者

直訳すると「柔軟性のある菜食主義者」です。

フレキシタリアンは

  • 野菜を積極的に食べる
  • 肉や魚を控える
  • 肉や魚も食べるときもあるよ(^^)

くらいの、ゆるーい感じのベジタリアンです。

和食もそれに近い部分がありますね。

日本では「ゆるベジ」「プラントベース」などの類語もあります。

スポンサーリンク

フレキシタリアンがダイエットにおすすめな理由

なぜフレキシタリアンが注目されているのかというと、健康的にダイエットができると期待されているからです。

無理なく続けられる

「野菜を積極的に摂る」ということさえ続ければOKなので、食べてはいけない食品はありません。

肉も魚も、ちょっといつもよりは控えよう。でも、たまには食べるよ!時々スイーツも食べるよ!

それくらいのゆるい感じです。

野菜以外はNGというわけではないので、気軽にに取り組むことができます。

外食がしやすい

肉も魚も乳製品も食べられないとなると、なかなか外食もできません。

日本ではベジタリアンやヴィーガンに対応している飲食店は少ないのです。

フレキシタリアンは肉や魚も食べることができるので、外食のハードルが下がります。

野菜に力を入れているお店ならたくさんありますよね(^^)

家では野菜中心だけど友達とのランチではお肉を解禁!なんてことができるわけです。

タンパク質不足になりにくい

肉や魚、乳製品などの動物性食品を完全に控えてしまうと、どうしてもタンパク源を摂取しにくくなります。

1日3食大豆製品…というわけにもいきませんね(´・ω・`)

野菜もたっぷり食べて、タンパク質も食べる。 

主食、主菜、副菜をそろえること。

栄養のバランスを崩さないことも、リバウンド防止になりますよ(^^)

まとめ

ダイエットを続けるコツは無理をしないことです。

これならできるかも…!と自分が思えるくらいハードルの低い目標設定をすることがおすすめですよ(^o^)/

スポンサーリンク
コラム
PROFILE
みりん

管理栄養士や調理師など食関連の資格を持つ二児の母。
ズボラな性格。
手を抜くんじゃない、手間を省いているんだ!の精神で生きていきたい。

みりんをフォローする
オテモトー
タイトルとURLをコピーしました