包丁要らず!料理キットでダイエットメニューをつくろう

使い分けできてる?本みりんとみりん風調味料の違い

スポンサーリンク
食品・料理

11月30日はいいみりんの語呂合わせからみりんの日とされています。

一言でみりん(味醂)と言っても、2種類あるのはご存知でしょうか。

  • 本みりん
  • みりん風調味料

これらにはどんな違いがあるのか、また、使い分けの仕方をご紹介します。

スポンサーリンク

“本みりん”と“みりん風調味料”

似て非なるもの、と言いましょうか。

本みりんは分類上はお酒、みりん風調味料は食品(調味料)です。

どんな違いがあるのかみていきましょう。

アルコール度数がちがう

本みりんのアルコール分は約14%で酒類に分類されます。酒税がかかり、価格も高めです。

一方でみりん風調味料のアルコール分は1%未満です。お安く手に入れることができますよね。

原材料・製造方法がちがう

本みりんは酒類ですので、酒税法で定められた原料を使い糖化熟成という方法で作られます。

原料はもち米、米麹、醸造アルコールです。

本みりんには食塩が含まれていないので減塩を意識されている方にもおすすめです。

みりん風調味料は糖類や米麹、調味料などをブレンドして作られています。

家にみりん風調味料があったら表示を確認してみてください。「食塩」などの調味料や旨み成分がブレンドされています。

適した料理がちがう

本みりん、みりん風調味料はどちらも料理にコクや照りを与えます。

アルコールによる煮込み効果や臭み消しなどに期待したい煮物や、テリやツヤを出したい照り焼きには本みりんがおすすめです。

本みりんはアルコールを含んでいるので、加熱しない料理に使う場合にはアルコールを飛ばす必要があります。

そんなときに便利なのがみりん風調味料。

みりん風調味料はアルコールをほとんど含まないので加熱しない和えものやドレッシングなどに使います。みりん風調味料や糖度も高く、塩分も含むので調味が楽なのも特徴です。

これであなたも料理上手!本みりんの6つの特徴
本みりんって高いからみりん風調味料にしておこうかな。とついつい安いほうを選びがち。しかし、本みりんを使うとたちまち料理に磨きがかかります。お値段出すだけあるぅ〜!さあ、あなたもパンドラの箱を開けてみませんか?...

実はもうひとつある、みりんっぽいアレ

発酵調味料です。

みりんタイプの料理酒として売られています。

本みりんやみりん風調味料と同じように料理にコクや照りを出すことができます。

発酵調味料は食塩が多めですので、使うときは味付けに注意しましょう。

  • 本みりん…食塩0%
  • みりん風調味料…食塩1%未満
  • 発酵調味料…食塩2%未満
スポンサーリンク

まとめ

みりん風調味料も発酵調味料もみりんの類似品ですが、それぞれの持ち味を生かして使い分けしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました